測量士補のやりがいと将来性

測量士補のやりがいと将来性

《測量士補、役に立つ資格なのか否か》
測量士と測量士補は有する資格が異なりますが、測量士補は測量士よりも比較的容易に取得しやすい資格です。
そのため、測量の仕事を志すのであればまずは測量士補の資格を取得します。
一刻も早く測量関係の職に就きたいという方は測量士補の資格を取得しましょう。
一般的には、測量士補として測量士事務所で測量士の下経験を積んだ後、測量士にステップアップするケースが多いようです。
実は測量士や測量士補の資格がなくても、用途によっては測量の仕事をすることが出来ます。
そのため公共測量をしていないところでは別段この資格が必要になるわけではありません。
しかし、公共事業であるダムやトンネルなどの測量業務(建築・建設・土木工事の現場や地図製作等)を行うためには資格がないと
作業に携わることが出来ません。
何よりも、難関である測量士の資格取得と比較して測量士補は取得しやすいため、測量関係の仕事に就きたい方には役に立つ資格であるといえますね。《測量士補の役目》
測量士補は、あらゆる建設作業や土木工事が安全で円滑な工事計画、作業が進むように測量法に則った測量計画を測量士の指示に従いながら、
実際に現場で測量を行う作業です。

特に公共事業であるダムやトンネルなど社会にとって重要な工事計画も測量なしでは始めることが出来ません。
測量は工事計画の基礎となる極めて重要でその分少しのミスも許されないほど責任も重大ですので、測量士補が担う役割の重要性は非常に高いといえます。
《測量士補の生活》
測量士(補)の勤務先は、国土交通省、農林水産省、国土地理院、地方公共団体の土木課や地方事務所、測量会社、地図出版社など、幅広いです。
そして屋外での測量作業は日中に行いますが、作業計画や製図、そして業者へ受け渡す書類作成などの室内作業では
深夜まで残業することも珍しいことではありません。
また、案件によっては休日出勤もあるので、不規則な生活になることもまれではないようです。
《測量士補にとってのやりがいとは》
~「社会的ニーズの高さ」~
いかなる建設工事においても、測量は必ず行う必要があります。
なぜなら、測量結果は開発計画の基盤となるので、精度の高い信頼の置けるものでなければなりません。
そのため、測量では、専門的な測量機器を使って、建設・工事予定されている土地の座標や建物の高さ、長さ、面積等を正確に測定しなければなりません。
従って、測量士(補)のもつ社会的ニーズの高さは、今後においても景気に左右されることなく維持されるものだといえるでしょう。
測量法によって、有資格者(測量士・測量士補)が1名以上その営業所に在籍することが規定されています。

~自分の仕事が形として残り続ける~
ゼロから始まる何もない土地に何かを新しく作るための測量技術は不可欠なものです。
つまり、測量技術は社会基盤の整備になくてはならないものなのです。
特に大規模のダムやトンネル、高速道路や鉄道などの建設物は、一旦建設されればその後何十年にわたって残り続けるだけでなく、
人々の命や生活を守り、生活の質を保障する不可欠なものとなります。
このように、自分が直接基礎から携わり関わった仕事が何十年にも渡り、目に見える形で残り続けるということは自分の仕事のやりがいを十分に実感することが
出来ますし、何より社会貢献を果たしているという事実を実感することが出来るので測量士ならではの大きなやりがいといえるでしょう。

~最新技術を感じることが出来る~
時代の変化と共に技術はあらゆる進歩を遂げています。
近年、測量技術の進歩には目をみはるものがあります。
その原因にはいろいろありますがその一つの要因として測量機器が優秀になったことがあげられるでしょう。
20年ほど前までの測量機器は距離も巻き尺などで測っていましたが、光波測距機の普及により手間および精度の面でめざましい進歩を遂げてきました。
そしてここにきて今度はカーナビや携帯電話などにも採用されてきている「GPS」衛星から発信される電波を利用するといった最新技術による測量も
積極的に行われています。
このような技術の進歩により、測量の現場作業は雨が降るとできないという概念をくつがえし、
なんと雨の日でも雪の中でも昼夜関係なく測量ができるようになりました。
それと同時に、コンピューターやCADシステムにおいても、航空機から撮影された画像データをコンピューターで処理を行い、
3次元データに変換する技術、3Dスキャナーを用いた3D測量などが挙げられます。
これらの凄まじい測量技術の進歩によってデータのもつ誤差は大幅に減少したことから、
仕事を発注、依頼する側もどの機器を使い誤差をどの程度抑えられるのかを目安に業者を選ぶケースも少なくないようです。
測量士、測量士補は常に最先端の技術に目を光らせ身に付けておく必要があります。
また、このような最新技術に触れられることが出来るのは測量士、測量士補の特権であるといえますね!

土地家屋調査士

測量士補